和菓子にとって小豆は最も大切な餡の質を決める原材料。

たちかわでは風味や舌触りなどのよい北海道の黒澤さんが手塩に育てた朱鞠小豆(しゅまりしょうず)を使っています。
黒澤さんご夫妻と朱鞠小豆畑(北海道美瑛町)
和菓子にも洋菓子にも使われ、商品の味や食感といった基本を決める大切な原材料。
たちかわでは国産の自由に放し飼いされた鶏の赤玉卵を使用しています。
たちかわでは創業時より食の美味しさと安全を第一に考え、食材の仕入れには独自の厳しい基準を設けてまいりました。
いつも一定の品揃えを心がけることはとても大切なことですが、それよりも、一定の品質を守るため、時に季節の商品をお出ししないこともしばしあります。
いつもお客様にとって満足の味をご提供するため、品質にどこまでも真剣であり、真摯なものづくりの姿勢を忘れず、たちかわのこだわりを持ちつづけます。